Q. さをりの森の歴史を教えてください

f0041065_16405750.jpg


さをりの森 は、「さをり」 を誰もが簡単に楽しめる体験型施設 として、
さをり発祥の地 である和泉市に2004年5月にオープンしました。

ですから、まだまだ新しい施設です。

城みさをと共に、さをり創成期から手織り機の開発
さをりの指導 に携わってきた三男、
城研三が代表を務めています。
f0041065_082737.jpg


さをりの森の前身は、繊維産業が盛んだった泉州、和泉市府中町にありました。
1940年代から、先代(城みさをの夫)が、
動力織機の部品の販売会社を営んでおりました。
40年前城みさをがさをりを始め、さをりの広がりとともに
手織り機の製造を行うようになりました。

ツタの絡まった旧社屋の姿は、地元の方には良く知られた存在だったようです。
f0041065_0395712.jpg


が、道路拡張のため、2004年、府中町から立ち退かなくてはならなくなりました。

移転先を探している最中、光明池にほど近いこの森と出会い、
地元の方にさをりのことをもっと知ってもらえるよう、豊かな自然に囲まれた

「人と自然をみつめる織空間」

をつくろうと考えたのです。

さをりの森そのものの歴史は、まだ始まったばかりですが、
その背景には、30年以上のさをりの歴史 はもちろんのこと、
半世紀以上にわたって「織り」に携わってきた経験と、
それに裏打ちされた確かな技術があるのです。

by morinoyosei | 2006-01-07 17:23 | ■さをりの森について(3)  

<< Q. 「人と自然をみつめる織空... Q. さをりの森の建物はなぜ赤... >>