Q. 手織りには、どのような作業がありますか?

手織りの手順は、大きく分けて以下の5段階に分けられます。

①タテ糸作り~整経(セイケイ)~
 整経台という道具に糸をかけ、タテ糸を作る作業です。
f0041065_16491435.jpg


②タテ糸のセット~筬通し・経(ヘ)通し、タテ糸の巻き取り~
 次に、筬と綜絖枠にタテ糸を通してから、タテ糸ローラーに巻き取ります。
f0041065_0163858.jpg

f0041065_016591.jpg



③横糸の準備~ボビンに糸を巻く~
 糸をボビンという管に巻く作業です。
 糸をボビンに巻いたら、ボビンごとシャトルに入れて、準備完了!
f0041065_17111695.jpg


④織る
 あとはもう自由に織ってください。
 ランダムに糸を変えたり、糸くずを挟んだり、思い思いに楽しみながら。
f0041065_17114535.jpg


⑤仕上げ
 織り上がった布は仕立てる前に、用途や材質に合わせて仕上げをします。
 タテ糸の房を結んだり、端ミシンをかけるなどしてほどけないように仕上げます。
 それから、マフラーや洋服など、身に付けるものに仕立てる場合は、
 中性洗剤 で洗って縮絨(シュクジュウ)をします。
 タペストリーやテーブルセンターなど、インテリアとして使うものは洗わずに
 アイロンをあてるなどして形を整えます。 

好きに好きに織る感性の手織り「さをり」ですが、

好きに好きに自由にするのは④の「織る」 ところです。

①~③は、いい加減にやると、あとあと苦労 します・・・ (; _ _ )/

楽しく織るためにも、準備段階の手順をしっかり覚えましょう。

・・・とは言っても、そんなに難しくはありませんから、
何度か練習すれば、すぐ出来るようになりますヨ。ヽ (´ー`)┌

f0041065_17123126.jpg

by morinoyosei | 2006-01-02 17:29 | ■手織りの基礎知識(4)  

<< Q. 織りにはどんな種類があり... Q. 縮絨の仕方を教えてください >>