Q. 「手織機SAORI」と他の手織り機との違いは?

「手織機SAORI」と従来の手織り機との違いには、次のような事柄が挙げられます。

①シンプルであること
 従来、いわゆる手織り機というものは、4枚8枚の綜絖がありました。
 つまり、ペダルが4つや8つあり、ペダルを踏む順番にも色々決まりがありました。
 しかし、「平織り」こそがさをりに最も適していると考え、
 「手織り機SAORI」の綜絖は2枚にしてあります。
 ぺダルも2つだけなので、右、左、と交互に足踏みするだけで済みます。
 簡単なのでお子様でもすぐに織ることが出来ます。
 操作が簡単な分「織ること」そのものを自由に楽しむことができるのです。

②コンパクトであること
 従来の伝統的な手織り機はとても大きく、重いものでした。
 スペースも畳2、3枚分を要するものでした。
 しかし、「手織り機SAORI」は、機構がシンプルな上に、コンパクトで軽量。
 新聞紙位のスペースがあれば、織り機を置くことが出来ます。
 中でも折りたたみタイプの織り機 は、布やタテ糸を掛けたまま折りたためる上、
 女性でも簡単に移動することが出来ます。
f0041065_17581322.jpgf0041065_17584148.jpg




③使いやすいこと
 30年以上に渡ってユーザーさんのご意見に耳を傾け、
 誰もが使いこなせるように改良を続けました。
 シャトル、ボビン、ハサミなどを置いておける や、
 ボビンに糸を巻くワインダー なども一体型になっています。
 椅子に座ったまま織布を巻き取れるタテ糸制御レバー などもついていて、
 操作性は抜群です。

④安定感があること
 折りたたみの出来る手織り機は他にもありますが、
 「手織り機SAORI」 の一番の特長はその安定性です。
 頑丈なスチールパイプで本体を支えてますので、ぐらつきなどは一切ありません。
 手織りの盛んなアメリカでも、
 
 「こんなにコンパクトで安定感のある織り機は見たことがない!」

 と、大変好評でした。

⑤付属品が豊富なこと
 体の不自由な方のための補助部品なども豊富です。
 また、届いたその日からすぐに織り始められるように、
 はじめからタテ糸が通っています。
 老若男女、あらゆる方に楽しんでいただける手織り機。
 それが「手織機SAORI」です。
f0041065_17591754.jpg

by morinoyosei | 2005-12-19 17:40 | ■手織り機について(4)  

<< Q. 「手織機SAORI」は誰... Q. 「手織機SAORI」の材... >>