Q. 手織り糸にはどんな種類がありますか?(材質編)

糸を材質で分けると、

毛、綿、絹、麻、再生繊維、合成繊維

などに分けられます。

は保温性に優れ、繊維が絡みやすく、縮絨することによって劇的な風合いの変化が得られます。

綿 は吸水性に優れ、肌触りが良く、また引っ張りに対する強度が高いので、慣れないうちはタテ糸として使うといいかもしれません。

は優雅な光沢を持ち、繊維が細いのでとても柔らかく、肌触りが大変良い素材です。

は吸水性が良く、さらに熱や湿気を良く逃がすのでとても涼しく感じます。

再生繊維 では光沢があり、吸水性に比較的優れたレーヨンが代表的です。

合成繊維 では毛に似た性質を持ったアクリルなどがあります。
f0041065_18101627.jpg

by morinoyosei | 2005-11-30 19:13 | ■手織り糸について(4)  

<< Q. 手織り機には使用説明書は... Q. 手織り糸にはどんな種類が... >>